Hitachi

先輩社員紹介

会社の進むべき道を数字から読み解く「経営会計」を担当。相談に対して的確にアドバイスできるようになることが目標。 西山 陽子 入社年/2011年 所属・職種/経理部

ゼミの先生に紹介されて出席した就活金融セミナー。大先輩との出会いが今につながっている。

メーカーなども視野に入れて就職活動をしていた頃、所属していたゼミの先生からお声がけいただき、金融関連の会社が集まる大学主催のセミナーに参加したのが「日立キャピタル」を知ったきっかけでした。はるか年上の大先輩だったのですが、とても温かな人柄が印象に残り企業説明会へ。そこでも、会社全体から“人が優しい印象”を受けたことが入社の決め手となりました。
その後の新人研修では、各事業本部長によるレクチャーや外部講師を招いてのビジネスマナー研修、さらに各部門でのジョブローテーションなど、見聞きするすべてが新鮮でした。同期の絆も深まり、終盤には早く配属の部署に行きたいと意欲がかき立てられたことを覚えています。
いま私は、経理部の中で「経営会計グループ」に在籍しています。経理部にはもう一つ、日立キャピタルグループの決算・税務業務を広く取り扱う「制度会計グループ」がありますが、私たちのグループが行っているのは、事業部単位から連結までの予算編成と業績管理。事業部の業績管理ではさまざまなシステムから営業ごとの実績データを抽出して集計し、その結果に至る要因を分析。経営陣が判断しやすいようそれらを資料にまとめ、担当役員に報告するまでが主な業務となります。私の担当は、重要顧客の創出をねらうアカウント事業本部。この他、全社的な取扱高・粗利の集計・開示業務も担当しています。

西山 陽子

役員への報告は緊張するけれど、それがかえってやりがいに。休み時間には趣味の話で盛り上がるにぎやかな職場。

正直なところ、まさか自分がこんな責任ある仕事を任されるとは思っていませんでした。経理部門が主に扱うのは数字ですが、経営会計グループの役割は、会社の進むべき方向性を数字から読み解くという側面も持ち合せています。もし私が数字を間違えてしまったら、経営上の判断を見誤ることにもつながりかねません。だから集計結果は念には念を入れて確認。役員への報告では私なりの意見を求められることもあり、とてもやりがいを感じています。
私はまだ経営会計の経験しかないので、制度会計グループの仕事や財務にも視野を広げ、知識やスキルを身につけていきたいと思っています。また、営業など他部門の人から相談を受けた際にも、的確なアドバイスができるようになることが目標です。
一般に経理部門はデスクワーク中心の静かな職場と思われがちですが、担当事業部との確認や打合せなど、他の部門との接点が多々あります。知識・経験ともに豊富な上司・先輩がいることはもちろん、明るく、気さくな人が多いことも、当社経理部の特徴と言えるでしょう。だからでしょうか、先輩社員は社内の制度である育児休暇などを積極的に取得しています。女性にとっても働きやすい環境だと思いますね。

西山 陽子

先輩社員紹介

  • スタッフ職 陳飛 2011年入社
  • 営業職 裴暁静 2014年入社
  • 営業職 服巻邦英 2013年入社
  • 営業職 中野真利子 2016年入社
  • 営業職 丹羽勇人 2018年入社
  • スタッフ職 西山洋子 2011年入社
  • 営業職 高野綾 2007年入社