ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル株式会社

環境方針

日立キャピタルグループの環境方針については下記リンク先をご覧ください。

環境への取り組み

環境マネジメントシステム

環境事業に関わる執行役を環境管理責任者とする体制で、各部門の環境委員から構成される環境委員会で環境マネジメントシステムを構築し、年度の環境計画の立案・推進をしています。
また、日立グループの内部環境監査を活用し、環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めています。

ISO14001認証取得状況

環境目標の確実な実行とスパイラルアップを図るため、2001年に日本の日立キャピタルサービス(株)、2009年英国のHitachi Capital Vehicle Solutions Ltd.(現Hitachi Capital (UK) PLC)が環境マネジメントシステムの国際標準規格「ISO14001:2004」の認証を取得しています。

環境関連法令の順守

日立キャピタルグループは、コンプライアンス活動の一環として、すべての役員・社員に環境関連を含めたすべての法規制を順守するように徹底し、定期的にコンプライアンスチェックを実施しています。

環境関連法規・法令違反および外部からの苦情
2014年度2015年度2016年度
環境関連法規・法令違反000
外部からの苦情000

環境配慮型商品・サービス

日立キャピタルグループでは、ステークホルダーの皆さまとともに環境保全への貢献と、"Win-Win"となる環境配慮型商品・サービスを提供するため、さまざまな取り組みを実践しています。特に、気候変動は重要課題として、中期経営計画のなかでも、グループ共通事業と位置づけています。CDP*が実施する調査に協力し、当社の気候変動に対するリスク・機会、体制、戦略と温室効果ガス排出量を開示しています。また、中長期的な目標設定とサプライチェーンでのCO2排出量の把握のため、2017年度は、環境省が主催する、企業のScience Based Targets(SBT−企業版2℃目標)の策定およびサプライチェーン排出量の算定を行うプロジェクトに参画しました。

*
旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト。機関投資家が連携して運営し、ロンドンに事務所を置く非営利団体で、環境戦略や温室効果ガスの排出量などの情報開示を求めて質問状を送り、その回答を分析・評価して、投資家に開示しています。

環境目標・環境実績

各環境目標・環境実績をご覧いただくには、下記のリンクをクリックして下さい。

詳細情報
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。