ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル株式会社

主な環境目標・環境実績

商品・サービスを創造するオフィスや、建物での取り組みでも継続した環境負荷削減を図っています。

エネルギー投入量・温室効果ガス排出量

エネルギー投入量・温室効果ガス排出量

(注)対象範囲は、日立キャピタル(株)単体(当社の本社・営業所と同拠点のグループ会社の本社・営業拠点を含みます)。
(注)使用エネルギーは電気(間接排出となるスコープ2)のみ。
(注)温室効果ガス排出量は直近の年度の電力会社の換算係数をもとに算出しています。

廃棄物発生量

廃棄物発生量

(注)対象範囲は日立キャピタル(株)単体本社のみ。
(注)2014年9月以降の廃棄物発生量は敷地面積に占める当社比より推定しています。

コピー用紙使用量推移

コピー用紙使用量推移

(注)対象範囲は日立キャピタル(株)単体。

営業車両のガソリン使用量の推移

営業車両のガソリン使用量の推移

(注)対象範囲は日立キャピタル(株)単体。

グリーン購入率の推移

グリーン購入率の推移

(注)対象範囲は日立キャピタル(株)単体。

水の使用量

水の使用量

(注)対象範囲は日立キャピタル(株)単体本社のみ。
(注)上水:水道水(給湯室、トイレの手洗いなどで使用)。中水:厨房排水処理水、機械排水、雨水など再利用水。
(注)水の使用量は敷地面積に占める当社比より推定しています。

環境配慮型商品・サービスの実績

当社グループは、事業を通じて環境保全に貢献する環境配慮型商品・サービスをご提供するため、さまざまな取り組みを実践しています。

日立キャピタル(株)の再生可能エネルギーの累積発電量および目標

再生可能エネルギーの累積発電量および目標

日立キャピタルサービス(株)の情報機器の回収量

日立キャピタルサービス(株)の情報機器の回収量

(注)対象となる情報機器はリース満了品およびお客さまの遊休資産の取扱台数です。
(注)2014年度からサーバーも含めています。

環境会計

2015年度環境保全コスト

(単位:百万円)

分類 取り組み 投資 費用
事業
エリア
コスト
温室効果ガス削減、廃棄物削減・処理 0.0 0.4
上・下流
コスト
環境配慮商品・サービスの提供、グリーン購入やリサイクルのために要した追加費用 24,097.0 169.8
管理活動
コスト
環境データ管理・集計、環境マネジメントシステムの維持・管理、環境教育・情報発信 0.0 1.2
社会活動
コスト
事業場周辺の清掃や地域の環境保護活動 0.0 0.2

(注)対象は日立キャピタル単体。
(注)研究開発および環境損傷コストは業務特性上発生しないため、割愛しています。
(注)廃棄物処理費用はビル管理費から按分せず、本年は集計の対象から除外しています。

2015年度環境効果    
分類 単位 実績 前年度比
増減
原単位の前年度比
エネルギー投入量 GJ 19,095-8,966 72%
廃棄物発生量 t 82 -19.7 85%

(注)対象は日立キャピタル単体。
(注)エネルギー投入量、一般廃棄物量の原単位は従業員数を用いて算出しています。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。