ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル株式会社

外部評価

ESG(環境、社会、ガバナンス)の代表的インデックスに選定

ESGの対応に優れた企業のパフォーマンスを反映する以下のインデックスの構成銘柄に採用されています。

FTSE Russel

FTSE4Good Index Series
FTSE4Good Index Series


FTSE Blossom Japan Index
FTSE Blossom Japan Index

MSCI

MSCIジャパン ESGセレクト・リーダーズ指数
MSCIジャパン ESGセレクト・リーダーズ指数

モーニングスター

モーニングスター社会的責任投資株価指数
モーニングスター社会的責任投資株価指数
(2018年1月4日選定)

日本政策投資銀行より「DBJ環境格付」最高ランクに認定

DBJ環境格付ロゴマーク

2016年9月、株式会社日本政策投資銀行殿(以下「DBJ」)より、「DBJ環境格付」を取得ました。DBJ環境格付は、DBJ独自の評価システムで企業の環境経営度を評価し、取り組みの優れた企業を選定し、得点に応じ3段階の適用金利を設定する「環境格付」の専門手法による世界初の融資メニューです。

当社は(1) 昨年度よりCSR推進委員会を発足し、新たなMission(経営方針)である「社会価値創造企業」の実現に向けたCSRの重要課題を特定したことに加え、その過程の概要を開示している点 (2) 数値目標を設定・公表し、LED照明や空調機等の低炭素機器および再生可能エネルギー発電設備のリース等を推進していることや、省エネソリューションの提供を通じ、お客さまの環境負荷の低減を促進するサービスに注力している点 (3) 東京都内の本社・営業拠点・国内グループ会社の事業所の移転・集約や、それに伴う業務プロセスの見直し等の業務効率化により、電力使用量を前年度比32%削減する等、環境パフォーマンス指標を大幅に改善した点 などから、最高ランクのA評価を取得しました。

株価指数「JPX日経インデックス400」の構成銘柄に選定

JPX日経インデックス400

当社株式は2014年8月より、株価指数「JPX日経インデックス400」の構成銘柄に選定されています。同指数は資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数として、株式会社日本取引所グループ、株式会社東京証券取引所、株式会社日本経済新聞社によって共同開発され、2014年1月より運営開始されたものです。

信用評価

社債発行格付

1989年 リース・クレジット業界初の社債発行格付「AA」(S&P/R&I)を取得以来継続して、評価を得ています。

社債発行格付
  日本格付研究所
(JCR)
格付投資情報センター
(R&I)
スタンダード&プアーズ
(S&P)
社債発行格付 AA− A+ A−

ISO認証取得

【品質】

2003年 Hitachi Capital (UK) PLC、2007年 日立キャピタル(株)本社および営業センターは国際品質保証規格「ISO 9001:2008」認証を取得。

【環境】

2001年 日立キャピタルサービス株式会社、2009年 Hitachi Capital (UK) PLCが環境マネジメントシステムの国際品質保証規格「ISO14001:2004」の認証を取得。

外部参画イニシアティブ

 

「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則」

21世紀金融行動原則

日立キャピタルグループは、2016 年7 月に、「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21 世紀金融行動原則)」に署名しました。

 

温室効果ガス削減活動「Fun to Share」

Fun to Share

日立キャピタルグループは、環境省が主催する温室効果ガス削減活動「Fun to Share」に参画しています。@5 月から10 月の「COOL BIZ(クールビズ)」、11 月から4 月の「WARM BIZ (ウォームビズ)」として、空調の室温を夏は28度、冬は20度に設定し、服装による調整を奨励、A通年でのPC・OA 機器や照明のこまめな消灯や定時退社の実践などに取り組みました。