ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル株式会社


2017年11月21日
日立キャピタル株式会社


広報誌「あるもに Vol.27」発行のご案内



 このたび、当社の企業活動へのご理解を深めていただくため、広報誌「あるもに」Vol.27を発行いたしました。また、今号より広く皆様にご高覧いただけるようにPDF版を当社ホームページ上にて公開しております。

 広報誌「あるもに」は、ステークホルダーの皆様に、当社に対する理解・共感を深めていただくためのコミュニケーションツールとして2006年7月に創刊いたしました。誌名の『あるもに“harmonie”』は、仏語で協調・調和・共鳴を意味しています。お客様や地域社会と共鳴し合い、お役に立ち喜ばれる関係を築き上げ、信頼される会社をめざす意味が込められています。

 当社は、Mission(経営方針)である「社会価値創造企業」をめざして、より豊かな社会づくりに貢献してまいりますので、引き続きご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

冊子ダウンロード

あるもに Vol.27概要

あるもに27号

1.特集「進む」

(1)巻頭社長対談
「変化に対応し社会に求められる価値を創造するために」
対談者:蟹瀬誠一さん(国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授)

(2)インタビュー
@「「ちょっと寄り道した先」で面白いゴールにたどり着くこともある」
梶田隆章さん(宇宙線物理学者)
A「自分と正直に向き合って衣装の可能性を切り拓く」
ひびのこづえさん(コスチューム・アーティスト)

(3)クローズアップ[デジタル新時代を進む]
寺田知太さん/森井愛子さん(野村総合研究所)


2.インタビュー「私の原点」

杉山愛さん(スポーツコメンテーター・元プロテニスプレーヤー)
※15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝く。
17歳でプロデビュー、2009年10月の引退まで17年間プロツアーを転戦。
引退後、情報番組のコメンテーターやジュニア育成プロジェクト『Road to Grand Slam』を立ち上げるなど多方面で活躍。


3.日立キャピタルグループのソリューション紹介「ファイナンスの新しい風」

(1)社会情勢の変化に左右されず成長を維持する英国事業
「確固たる価値観と付加価値の高いサービスで成長し続けるために」
Hitachi Capital(UK)PLC CEO ロバート・ゴードン

(2)残業ZEROに挑む「働き方改革〜SKYプロジェクト」
@「スゴい会社」の実現に向け「豊かな個」の集合体をめざす
執行役常務 経営基盤強化統括本部人財本部長 大橋芳和
経営基盤強化統括本部人財本部 人事勤労部長 岡崎晴希

Aワークスタイル変革のめざすべき姿 「Share Pointを活用し業務プロセス改善に効果」
営基盤強化統括本部リスクマネジメント本部事務統括部 主幹 嘉治雅樹
     同            事務管理グループ主査 丸山睦


以 上