ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル株式会社

事業計画から、運転開始、保守サービスまで、お客さまの事業をフルサポートします。

再生可能エネルギー支援の流れ

再生可能エネルギーは資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。
日立キャピタルは、多様化・高度化する再生可能エネルギー分野において、お客様のニーズに幅広く対応したファイナンスプランを提供してまいります。

再生可能エネルギー支援の流れ

発電事業者向けリース

リースを活用することで、発電設備導入にかかる初期費用の平準化と、コスト管理が容易となります。
また、お客様(発電事業者)は、FIT活用により初年度から資産の有益運用が可能となります。

発電事業者向けリース

*1
固定価格買取制度:2012年7月1日より開始。法律により、再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を一定の期間・価格で電気事業者が買い取ることを義務付けています。
*2
O&M:「Operation(運転管理)&Maintenance(保守・点検)」の略
*3
EPC:「Engineering(設計)、Procurement( 調達)and Construction(建設)」の略