ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル株式会社

リースとは、お客様のご希望されるメーカー・仕様の機械・設備を導入するにあたり、日立キャピタルがお客様に代わって購入し賃貸する取引です。 多様化するリースの契約形態の中で、もっとも一般的な形態が「ファイナンスリース」取引です。

リース契約の仕組み
リース契約の仕組み

特徴

財務上のメリット

資金の効率的な運用が可能です

一時的に多額の資金流出が発生しませんので、キャッシュフローの改善につながります。

金利変動リスクの回避が可能です

毎月お支払いただくリース料は原則固定のため、金利変動リスクをヘッジすることができます。

資金調達手段の多様化が図れます

資金調達手段の一つとして、リースをご利用いただくことにより、銀行借入れ枠の温存が可能です。

財務上のメリット

税務・会計上のメリット

機械設備の陳腐化防止が可能です

経済的耐用年数を考慮したリース期間の設定により陳腐化を防ぐことができます。

資産管理コストの削減ができます

未経過リース料の期末残高割合が10%未満の場合は、簡便法の会計処理が可能となり、毎月の費用は一定となるため、コストの把握が容易です。
また、1件あたりの契約金額が300万円以下のリース取引など重要性が乏しい取引は賃貸借処理が可能です。

税務・会計上のメリット

管理上のメリット

資産管理コストの削減ができます

固定資産税納付、動産総合保険付保、物件処分などの事務管理の省力化が可能になり、それに伴うコストも削減することができます。

環境関連法制への適切な対応ができます

リース物件は、リース会社で廃棄物処理法、薬事法等に対応した物件処分をおこないます。

迅速な契約手続きがおこなえます

一般的に借入れよりも契約手続きが迅速なため、設備投資のタイミングが遅れるリスクを回避できます。

管理上のメリット

サプライヤーのメリット

販売代金の一括回収により資金効率が高まります

お客様の物件検収完了の後、日立キャピタルが物件代金を一括してお支払しますので、販売代金の回収効率が向上します。

保守料の回収管理などの省力化、コスト削減が可能です

リース物件にかかわる保守費用などの回収を、日立キャピタルが代行させていただくことも可能です。

契約期間に合わせた計画的な販売活動ができます

リース期間満了時期に合わせたお客様への効率的なリプレース提案をおこなうことができます。

サプライヤーのメリット

お問い合わせ先

電話によるお問い合わせ:0120-010-541 ― 受付時間:平日9:00〜17:30(お客様相談グループ)
お問い合わせページ:http://www.hitachi-capital.co.jp/hcc/inquiry/index.html