Hitachi

Loading...

COMPANY

日立キャピタルがめざすもの

日立キャピタルがめざすもの

日立キャピタルは「社会価値創造企業」として、
社会が必要としているものを見出し、
提供していくことをめざします。
私たちが手がけているのは社会や地域の課題に
フォーカスし展開する事業、サービスであり、
分野的にも多岐に渡ります。
それらを組み合わせることで真に求められる
ソリューションを提供し、社会から必要とされる
存在となることで、
企業としての持続可能な成長に挑んでいます。

インフラ・まちづくり

日本の公共インフラの更新・再開発に携わる事業への金融面からの参画(PFI・PPP)、データセンターなどのITインフラや企業の物流倉庫の建物リースなど、地域社会の活性化や健康・文化への取り組みを積極的にサポートしています。

環境・エネルギー

金融、保険、信託、BPOなど当社のソリューションサービスを最大限駆使し、環境と調和した太陽光、風力、バイオマス発電など再生可能エネルギー事業および省エネルギー事業を展開。持続可能な社会の発展への寄与をめざします。

ヘルスケア

医療に従事する方々へのファイナンスリースはもちろん、医療機器メーカーと結び医療機器導入時などの多角的なサポートをしています。ヘルスケアサイクル全般に亘ってソリューションを提供し人々のQOL(Quality of Life)の向上に貢献します。

食農・生活産業

農業に従事する方々への金融サポートに加え、グループ会社の日立トリプルウィンでは、食・農分野での事業活動を通して、農業振興や6次産業化による地域活性化をめざし「いちご事業」「日本酒事業」などを展開しています。

グローバル

日立キャピタルのグローバルネットワークは欧州、米国、中国、ASEANに広がり現地法人によって事業が展開されています。海外のお客さまと日本のメーカーなどをつなぐトレードファイナンスや海外進出を図るお客さまの支援も実施。

モビリティ

カーシェアリング、レンタルなどのMaaS(Mobility as a Service)の商品の開発、EV(電気自動車)化対応を含む次世代モビリティシステムへの参画等を通して、ヒト・モノの移動に関する新たな付加価値の創造を推進します。